カテゴリー
Diary

上海偏執病

1000 Times

先週、旅行で上海に行ってきました。
すっかりハマったみたいです。

Pocket

カテゴリー
写真

PENTAX K-m 買ってしもたよ

Pentax K-m

普段使っているGR-Digitalの挙動がそろそろ怪しくなってきた様子。
来月は旅行も控えてるので、この際思い切って新しいデジカメを買うことに。
自然な流れからすれば、Nikon P6000かCanon G10のような、しっかり撮れるコンデジを買いたいと思っていたのですが、思いもよらずPentaxのK-mを購入することに。

Pocket

カテゴリー
Diary

京都の夜間拝観

貴船もみじ灯篭

今年は例年より暖かかく、少々遅れ気味ですが、
京都も絶好の紅葉の季節になってきました。

Pocket

カテゴリー
Diary

こだわりで会社がまわらない

以前、一緒に働いていた制作会社のデザイナー君と梅田で焼鳥を食べる。

業界全体の傾向として制作単価が落ちてきているが故に、案件の詰め込み具合が去年にも増してもの凄いらしい。

ただ、ここに来て、デザイナーの間で仕事量に格差が出てきているとのこと。
どういう事かと言うと「ひとつの案件に長時間張り付く」デザイナーとそのしわ寄せに「短期間の案件を詰め込まれる」デザイナーとに二極化しているらしい。

もちろん仕事量の調整は行われるが、そういった格差の問題で出るセリフは決まって「うちらはデザインに対して『こだわり』があるからこれ以上はリソース削れない、このままだと会社の特長である『こだわり』が無くなってしまう」ということらしい。

そんな理由で?
とも思えなくとも無いけど、その会社での「こだわり」というキーワードはある意味、会社のアイデンティティーというか、自分たちであるための拠り所の様な単語として君臨しており、その場では凄い重みを持って受け止められてしまう。
デザイナーを大切にする社風と、このキーワードを掛け合わせると、これ以上話が進められない「腫れ物」が完成する。

「こだわり」を売りにするのはクライアントへのセールストークとしてよく使うけど(相手を納得させられるクオリティーがあればだが)。
しかし、「こだわり」をアピールするのはディレクターやプロデューサーといった営業側の人間が使うトークであって、デザイナーがわざわざ社内で謳うことでも無いはず。

しかも、社内の仲間に対して言うなんてどうなんだろう。
そんな言葉を投げられた同僚のデザイナーはどう思うんだろうか。
そこにはリソースを確保したい担当者の意図があるのかも知れないが、言い訳と言うかすごい幼稚な感じがする。

他の会社は「こだわり」というものをいっさい持ってないとでも思っているのだろうか。
そもそも他の会社はそんな「こだわり」といった言葉をあえて口にしない理由があるのではとか考えようとしないのだろうか。
「こだわり」なんて、デザインする人みんな持ってて当然でしょ?

そんなことを思いつつビール片手に「なんか大変だね〜」とぐらいしか返事が出来なかった。
そういったことに違和感を感じることができる、デザイナー君の活躍を願ってやみません。

Pocket

カテゴリー
読書

振り返る「過去」の延長線上にあるのは「未来」:能率手帳の流儀

手帳はころころチェンジしてしまう方なのですが、やっぱりというか、またまた手帳をチェンジしてみました。

今までを反省してみるという意味で、以前の手帳の内容をいそいそと写しかえてると、会社変わったり何やかんやといろんな事があったなーと、今年も終わってないのに反省会状態です。
充分までとも言わずとも自分の振り返るきっかけが残っている事は本当に有り難いです。

手帳に日々の出来事を書き込み、振り返ることの大切さをおしえてくれたのがこの1冊。

毎日を少しずつ充実させることで人生は自分らしく、豊かに変わっていく。

毎日の出来事は些細な事でも、自分の未来を切り開くためには省みることの積み重ねが肝心との事。
そのために手っ取り早く取り掛かれるのが「手帳」であって、続ける事によって自分の行動を明らかにする事ができます。

手帳を使い始めたひとは、やがて空白を埋めようと積極的に行動を起こすようになるからです。

自分にも、手帳に記していけるのか?
不安にかられますが、手帳に残す事を心がける事で毎日を変えていけるなら・・・
そう思いながら、ダラダラと書いていこう。

Pocket

カテゴリー
Diary

二条城の夜間拝観

二条城の桜

先日、二条城の夜間拝観に。

二条城は他のお城と違って全然お城っぽくないので、こんな近くにお城があったんだと感動しながら桜を眺める。

休日とあってか人がものすごく多くて、桜の前にありつくのがやっとの状態。。。

せっかくのキレイな桜も人の影やら、カメラを持った人の手や誰かのアタマが当たって、揺れたりでデジカメを撮るのは至難の業、なので撮影を断念しながら長蛇の列の庭園を歩く・・・

庭園を抜けたところの桜並木をくぐりぬけたところに、運良く人が居ないスペース発見。

すかさずシャッターを切ってみる。

やんわりと光を含んだ桜が色っぽくて、なんだか引き込まれそうです。

人が多かったけどこの写真を見るだけで行った甲斐があったかなと。

Pocket

カテゴリー
Diary

小倉百人一首 時雨殿

先週ですが、嵯峨・嵐山の時雨殿に行ってきました。

小倉百人一首 時雨殿

ここのメインアトラクションといえば、1Fのフロアビジョンです、それ以外何も無いという感じですが・・・

一人一人に ボタンがないNintendo DS『時雨殿なび』が手渡され、液晶パネルが床に敷き詰められたところに案内されます。

フロアビジョンでは「京都空中散歩」と「大きな札」という2つのイベントがありました。

京都空中散歩

フロアビジョン一面に映し出された京都市内地図の上を、時雨殿なびを使って移動します。

自分の位置に反応してフロアビジョンに現れた鳥さんが目的地まで案内してくれます。

そして、目的地に着くとその場所に関係する百人一首の歌と説明を見たり出来ます。

小倉百人一首 時雨殿

大きな札

時雨殿なびに写ったカルタをフロアビジョンから探し出し、集めていくカルタ取りのようなものです。

終了後に取った札の数で順位が出たりします。

小倉百人一首 時雨殿

時雨殿なびの貸し出し時間は30分ですが、それぞれ2回ずつ交互に遊べるという時間配分でした。

フロアビジョンがただの端末を使った案内役で終わるのではなく、相互に影響させることでインタラクティブな要素を最大限にまで引き伸ばして、まるでひとつのインスタレーション作品を体験しているみたいな感じでした。

ゲームで培ったノウハウがすごく活かされてるなと思いました、ひとつの大きなゲームソフトですね。

ニンテンドーグッジョブでした、また行ってみたいです。

時雨殿

Pocket

カテゴリー
Diary

GR DIGITAL 購入

f:id:sansuu3dan:20051030014145j:image

2,3年使い続けてたFinePixがなぜかいきなりご臨終・・・

画像が歪んだりぼやけたりするので液晶ファインダーの接触不良かなと思っていたら、どうもCCDかな?

根本的に逝かれてるみたいで、ファインダー覗いて撮った画像も液晶画面みたくなってたです。

そんなに本格的に使うつもりも無いので、毎日持ち歩けて手頃な値段のカメラを探す事に。

せっかく持ってるxDピクチャカードを無駄にしたくはなかったので、FinePixにしようかとお目当てのカメラを調べてみると、すこぶる評価がイマイチみたいなので他の候補を探す事に・・・

昨日カメラ屋で見かけるも、イマイチぱっとしないデザインだったのでスルーしたGR DIGITAL がどうやら話題らしい。

見た目に似合わずブログを使ったプロモーション活動などいろんな意味で今時なカメラだと知り俄然興味がわく。

コメントやTBを辿るといろんな人のレビューが見れて面白い、ブログのメリットをユーザーが享受できる好例かも。

発売直後の品薄様態とのことで、楽天で探して残り2個の店舗を見つけて滑り込み購入。

到着したGR DIGITALはかなりコンパクト、持った感触もグリップが利いてていい感じです。

「ジィージィー」と動作音がカワイイとはお世辞でもいえない大きさですが、これなら毎日持ち運べそうと、買ったあとに確信。

[tmkm-amazon]B000Y1YVGY[/tmkm-amazon]

Pocket